ヘンプ 足首(手首)ウォーマー (ルナティカナパ)

CLW

3,630円(税込)

在庫状況 在庫あり

カラー
購入数

LunatiCanapa  
ヘンプ 足首(手首)ウォーマー
Made in Japan

寒い冬、足首・手首を温めてくれるウォーマー。
暖かい季節は、肌寒いときに さっと付けて冷えを予防。
夏は紫外線を避けにもなります。

大人だけでなく、子どもにも。 公園・海・山などのお外遊びや、 夏場エアコンで冷えた時に、 着けてあげるとにっこり。

親子で兼用できるので、カバンにひとつ入れておくと安心です。

子どもの外遊びにも

☑️ 足首や手首を暖かく守る
☑️ 洗って何度でも使える
☑️ 肌にやさしい素材です。 敏感肌の方にも◎
☑️ 自然の色が可愛い
☑️ ゴム不使用で血流の流れを守る
☑️ ヘンプ素材でしっとり、かかとが艶やか効果


足首ウォーマー

《サイズ》
フリー

《生地》
ストレッチ天竺
(成分:綿64% ヘンプ33% ポリウレタン3%)

《カラー》
蘇芳(バラ染)
えんじ(ダリア染)
モーブ(マロウ染)
鉄紺(ログウッド染)
小鴨(クチナシ染)
黄水仙色(マリーゴールド 染)
青磁(セージ染)
さくら(さくら染)
墨黒(ログウッド染)



《送料》
足首ウォーマー4つまでネコポス(220円)でお届けできます(代引不可)
※買い合わ商品がある場合は、ネコポスで配送できない場合がございます。

□お取り扱いについて
・ ご使用前に、一度洗ってからご使用ください。
・ 洗剤は、自然系のやさしい洗剤をお使いください。


-カムワッカ スタッフのおすすめ-
私が長年愛用しているルナ製品のひとつがこのウォーマーです。
子どもたちが小さい頃、恵子さんに依頼してつくってもらい、10年ほど使い続けています。
6色持っているのですが、カバンにはだいたいいつも1〜2つ入れています。
「首」と呼ばれる身体の部位は、冷えが禁物。ちょっと手足や身体が冷えている時、
エアコンのかかったお部屋で・・このウォーマーがあると体温調整がしやすく助かります。
子どもたちもヘンプは心地いいと感じるそうで、嫌がらずに着けてくれ、親子で使えてとっても便利
それから、お洋服に色味を少し足したい時にも大活躍の、機能性おしゃれアイテムでもあります。
私が持っているのは初期モデルで短めですが、今回お届けするのは改良が重ねられてさらに使いやすくなっていました。1枚試しにお使いいただき、気に入ったら数枚色合わせを楽しんでいただくのもおすすめです。


<伸縮性があり、気持ち良いルナのヘンプ素材>
丁寧につくられた生地は、自然の一部であるような心地よさ。

  ●浄化や抗菌作用があり、体を守る
  「ヘンプ」
  ●ふんわり感触
  「スーピマオーガニックコットン」
  ●美しい色合い
  「自然染料」

生地



HEMP・ヘンプ・大麻とは?
麻は一年草で、100日で3〜5mに育つ。石油は何億年もかけてできた植物の化石。大地に還り、元気を与えてくれる麻は、環境にも人にもやさしい植物です。
日本で大麻は、御神事から、衣食住まで様々に多用されていました。薬理成分を持った違法植物とみなされることの多い大麻ですが、繊維用に使われているのは産業用大麻といい、現在医療でも注目されているCBDという成分が多く含まれていますが、薬理成分はほとんど含まれていません。
戦後の政策の中で、全ての種類の大麻が「麻薬なので禁止」と、栽培を禁じられますが、農家の人は理解できなかったのだそうです。現在は限られた農家さんのみによる栽培が続き、主に神事に、一部布を始めとする暮らしの中で再び使われ始めています。

布としての特性は、
* 1:帯電性がなく静電気が起きにくい。
* 2:丈夫でしなやか。
* 3:夏涼しく 冬あたたかい
* 4:汗を吸収し、乾きも早く、通気性に優れている
* 5:消臭性があり、カビ・害虫にも強い。
* 6:紫外線から守る

<LUNATICANAPAのこと>

ルナティカナパさんは和歌山に拠点を構えるヘンプウェアのメーカーです。

デザイナーの田丸恵子さんとは、15年来の友人。出会ったのは、ちょうど留学先のイタリアから帰国し、ルナティカナパを立ち上げる頃のことでした。

恵子さんは、おばさまの影響もあり胎内にいる時から野口整体で育ちました。野口整体とは、 1954年(昭和29年))に野口晴哉が提唱した整体法で、病を治すことよりも人間本来の力を引き出して健康に導く生活から取り組む整体法のこと。

今でこそ、広まりつつある自然育児ですが、当時はまだ実践者が少なかった当時。 音楽や美術を通して自己表現することで救われていたそうです。

中学ではオーボエ、高等部ではファゴットを演奏し、東京芸術大学音楽学部器楽科ファゴット専攻に入学。しかし、留学を通じて、ファッションに出会い、ボローニャの服飾専門学校 “Instituto Carlo Secoli “ にて服づくりの初めの一歩から学び始めた恵子さん。 2年目の同校ファションショー婦人服部門で3位を受賞します。

大麻布(ヘンプ)との出会いは、発電所に住んでる友人から紹介された一枚の布。「ここれを被るとよく眠れる」と紹介され他のがきっかけ。

昔から「雷が鳴ったら蚊帳に入れ」と言い伝えがあることからも、麻には電気などから守る特性がありました。 また神社ではお祓いに使っていたり、御神木に巻かれていたり、伊勢神宮のお札も昔は麻の繊維だっり、悪いものを祓ったり、また神さまとつながるツールでもあった大麻。 改めて日本が素晴らしい文化と精神を持っていたことに気づき、2004年からヘンプウェアを作り始めたそうです。

服は第2の皮膚であり、感受性、感覚を高めていくツール。「麻」を纏い、感じる身体になることで、一人でも多くの人が本当の日本の感覚を思い出していくこと、そして自然と繋がり、ほんとうの自分を感じ、本来の姿へ変化していけるよう、活動を続けています。

カムワッカのスタッフも、立ち上げ当初から、その心地よさにルナティカナパの衣を愛用。
 Tシャツ、巻きスカート、レッグウォーマー
 靴下、赤ちゃんのおくるみ、小物など
頻繁に着ていると色褪せ等はありますが、何年経っても心地よく使い続けられるのも魅力。自分にはもちろん、自然にもお財布にも優しい、美しい衣です。
いのちに優しいヘンプのをことを、日本で広げていきたいという彼女の思いに共感。ここ数年、東京での展示会などを担当させていただいていましたが、この度オンラインストアでも一部お取り扱いさせていただくことになりました。


デザイナーの田丸恵子さん



レビューはありません。