【特別サイン本】あるがままの自分を生きていくーインディアンの教え ー松木正著

CAMmb2

1,540円(税込)

定価 1,540円(税込)

在庫状況 売切中

【特別サイン本】
あるがままの自分を生きていく
〜インディアンの教え〜
松木 正 著
大和書房


●配送に関するご注意● 
  • ネコポスでお送りいたします※代引不可
  • 1冊につき、個別送料220円となります。※2冊の場合440円
  • 4冊以上もしくは、他の商品との買い合わせの場合は、「こちらのページ」からご注文いただき宅配便(送料550円)をお選びください

ーーーーーーーーー

松木さんの2冊目の書籍。 「自己肯定感」をテーマに書かれた本です。

アメリカ先住民ラコタ族と暮らしを共にし学ばれた「生きる知恵」。
そして、30年に渡り、教育キャンプの企画や指導、企業研修、学校、教育機関での人間関係トレーニングなど、たくさんの人の魂の成長をサポートされてきた実例。

それらを踏まえて、私たちが生き成長していく上で基礎となる、「自己肯定感」について書かれています。





私たちは誰しも、1人で生きることはできません。
たとえ、1人だって大丈夫!と思ったとしても、私たち人間は誰しも、いのちの働きの輪にあり、お日様や大地、火、水、風、月、星など、目には見えないたくさんの働きによって生かされています。
そして、日々のご飯を通じて、様々な生き物の命を分けてもらっていますし、作物を育て届けてくださる方々や、水道・ガス・電気などの設備、たくさんの人々の働きによっても、生かされています。

それから、私たち1人ひとりの中にはたくさんの可能性や強さ、その人固有の輝きがありますが、同時にたくさんの弱さや怖さもあります。
だから、時に誰かに甘えたり助けてもらったり、人様のお力を借りながら、自分も誰かや何かのお役に立って、お互い様で生きています。

さらに、私たちを取り巻き、私たちを生かしている大いなる自然の営みの中は、私たちを生かしもするし時に厳しさを突きつけてきます。その自然の中で、謙虚さと畏敬の念を養うこと。大いなる自然の働きの中で、強さも弱さも含め自分を丸ごと受け入れ、乗り越えていくことが不可欠です。





松木さんは、リトリートや講座の中で人生を神話や物語に例え、様々な民族的神話や物語を語ってくださいます。

松木さんがこれまで個人やグループでのカウンセリングを通じて、様々な方の人生に触れてきていますが、そして私たちが人生を真剣に生きていくとき、人生は物語になり、やがて何千年にわたって語り継がれていく神話となるのだそうです。

・厳しい自然や歴史を生き抜いてきた、ネイティブアメリカンの知恵。
・ご自身の体験と、たくさんの方の成長をサポートされてきた無数の体験。

ホリスティックな視点で書かれたこの本には、人として「いかに生きるか」という視点、そして魂としての本質的な成長を促す大切な教えが詰まっています。

人生の土台となる「自己肯定感」。
あるがままの自分を見つめ、受け入れ、自己肯定感を育んで行きたい方。人生を通じて「美しい物語」を紡いでいきたい方におすすめです。



●数量限定●特別なサイン本です



●著者
松木正さんプロフィール

講師:松木正

京都府伏見生まれ。
大学在学中、自身がうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。
YMCA職員などを経て環境教育を学ぶために渡米。全米各地で環境教育のインストラクターをする中でアメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く引かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住みスー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動をしながら伝統を学ぶ。 現在、神戸で「マザーアース・エデュケーション」を主宰し、キャンプの企画や指導、企業研修、学校での人間関係トレーニング、また保護者に向けてのワークショップ、子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り、教育的意図をもった企画講座、個人カウンセリングなど、幅広く活動している。
※松木正さんの個人カウンセリングセッションの詳細は、「こちらのページ(クリック)」の下部を御覧ください。
著書に、ロングセラーとなった『自分を信じて生きる』(小学館)『あるがままの自分をいきていく インディアンの教え』(大和書房)がある。






レビューはありません。